俺言魂(おれごんだましい):平田孝 スポーツ教育者

心と体を鍛え
地球上どこへ行っても
胸を張って生きられる
知的な野生人になろう

心の健康がなにより大切

a0001_012437.jpg
ashinari.com


日野原重明先生を見習おう! 

“100歳からの人生“
4月18日東北大学での講演をネツトで拝聴。

日野原先生は、102歳の現役の聖路加病院長という。
人間、よりよく生きるためには、“生き方”が一番大切という。

動物は、“走り方“を変えることはできない。
鳥も“飛び方”をかえることができない。

人間は、“生き方“をかえることができるのだ!
皆さんは帰ったらこのことを、皆に伝えてほしい!


食生活についても詳しく話された。
参考になる貴重な話だった。

102歳で現役活動の大先輩の講演に感動でした。
世界一の人生経験をもつた、お医者さんの話だから“薀蓄”がある。

米国でも、医療や医者の話題は尽きないが、医者の良し悪しが、いつも近所の話題だ。良くない話がいつも耳に残る。

私たち夫婦も、昨年からついに主治医を変えた。
昨日は、変わって3度目の定期健診に行ったが、チョツトした雑談をまじえ、ユウモアーもあり、良いドクターだつた。
また、来ようという気になるのだ。

患者にとって医者は大事。
患者は助けを求めて病院にゆくのだ。

日本の若い医者はもとより、日野原先生の“お話”は世界の人びとに伝えたい。

命を尊び、生きること 人を助けることの大切さ、
日野原先生の講演をネツトで世界に拡散出来ないだろうか。

日野原重明-Wikipedia
日野原重明(動画検索結果)
ジジ通信 | comments (0) | trackbacks (0)

大統領夫人の言葉、女性首相の言葉

今日の母の日を前に、大統領官邸からインターネツトを通じて
オバマ大統領夫人ミシェルさんが語っていた。

「ナイジェリアにおける女子200人以上の誘拐事件について
 娘を持つ母として胸が張り裂けそうだ」

最近、オバマ大統領は精彩がないので
ミシェル夫人は大統領を庇ったのだろうか

確かにナイジェリアの誘拐事件は大事件だが、日本人の拉致事件はずっと前から続いている。未だに「らちがあかない」のだ! 

日本の政治家はどこに居るのか。
10連休に 閣僚十数人、百数十人の議員が外遊。
外遊は本来、留学や研究、視察などを目的として外国へ行くこと。
しかし、彼らは視察と称する旅行としか思えない。
まさに、よその国に遊びにゆく。

元大英帝国のサツチャー首相がフォークランド紛争のとき
英国議会で一喝した。

「この国に 男は居ないのか」

以後 鉄の女 と世界で云われた


主人が弱いと馬鹿にされる 
国が弱いと金をセビルられる
国が弱いと“国民”を護れない。

ガンバレ日本
ジジ通信 | comments (0) | trackbacks (0)

自分の命は自分で守ること 助け合うこと

今、世界各地で大事故が多発し、多くの人命が失われてゆく!
実に、嘆かわしいことである。
なかには、自力で何とか脱出できたのではないか?
と、誠に残念なケースもある。

究極には 
自分の命は自分で守る!
周囲への安全観察力!
武道の教えでいうと、気配で悟る!

要は、実行と日頃の心構えが大切である。

しかし、現代の人々は、それを鍛錬する機会がない。

かつて私は“スポーツ道場”という少年の合宿教育活動を開いていた。
2000年までの14年間に9500名以上が参加した。
心と体を鍛え 世界中どこへ行つても 
堂々と生きられる 知的な野生人になろう 
自分のことは自分でやる! 
自分の命は自分で守る! 

これをスローガンにしていた。

20140520.jpg

就寝は寝袋。レスリングマットがベッド代り。
真夜中に緊急非常呼称!
階上窓からロープでの脱出訓練!
飯ごう炊飯……

基本は“全て自主的行動”
いざ!という時!
自分の体は自分で守れ!
であった。

しかし、それだけではなく
一人は皆のために 皆は一人のために
という“助け合い”も説いた。

これはラグビーの精神論だ。

他人を当てにしないという自立の精神
そして、助け合う心
今 人びとに欠けている、ふたつの心です。
ジジ通信 | comments (0) | trackbacks (0)
Information
T Hirata_top.jpg
  • 心と体を鍛え
    地球上どこへ行っても
    胸を張って生きられる
    知的な野生人になろう
Profile
メールはこちらから
Categories
New Entries
Recent Comments
Archives
Other