俺言魂(おれごんだましい):平田孝 スポーツ教育者

心と体を鍛え
地球上どこへ行っても
胸を張って生きられる
知的な野生人になろう

コメントスパム対策のため、コメント機能を廃止しました。ご意見、講演依頼などはメールで承ります。

出光佐三社長 、海賊と言われた男。

海外遠征の思い出は、練習より遠征費つくりが先決!

1958年頃の日本レスリング協会は貧乏!
海外遠征費用は 役員、選手、全て自己負担だった。

したがって、代表選手は地元で遠征費つくりに汗かく。
私の場合は1958年のイラン遠征代表が決まっていた。
この年、神奈川スポーツ賞受賞したら、内山岩太郎県知事と面談できた。
内容は、いわば金策相談? であった。
内山知事の紹介で、出光興産の創業者、出光佐三社長がスポンサーになってくださった。選手団丸ごと支援を受けた

当時、イランに日本大使館はまだ無い。
出光が政府の代行のようなものだった。
出光イラン駐在事務所の皆さんのおかげで選手団は大いに助かった。
イランはフランス語は話すが英語は通じない。
とにかく、選手団は滞在中に出光の皆様から助けられた。
出光佐三社長 、海賊と言われた男。
当時、イラン原油積み出しでイギリスから海賊船とののしられた。
そんな出光佐三社長と社員の皆様に感謝を忘れない!

創業者「出光 佐三」 - 歴史 - 出光興産
映画『海賊とよばれた男』公式サイト



あしあと | - | -

高浜虚子先生

1957年4月下旬。

私は八田一朗会長と
俳句の高浜虚子先生の 鎌倉の御宅を訪問した 。
八田会長のオースチンで。運転は八田会長の助手。

八田会長は
日本レスリングの大学選抜選手団が2か月間の
全米1周武者修業を 無事終了したこと。
全米選手権に於いて私が優勝! したことを話した

その時詠んだ句

狩りの犬獲物を追つて何処までも
八田一朗
P9050781.JPG



駄犬にはあらざりし此の狩りの犬
高浜虚子

Kyoshi_Takahama.jpg


駄犬にあらず!
こころに響いた言葉だつた!
目標は1960年五輪
”ローマへの道”
挑戦の始まりだ

俺言魂 平田孝
1960ローマ五輪レスリング日本代表
1964年東京五輪国際審判員日本代表
あしあと | - | -

”知能発展途上者”は政治家に多い 目覚めよ日本人!

北朝鮮が
大陸弾道弾を 発射した
通算十数回目だという
今度のは高度3千5百キロ
陸上攻撃なら
米国本土シカゴまで届くという
米国にも脅威だ
北朝鮮は日本など眼中に無いのだ

日本国会では
北朝鮮のミサイル発射の驚異など
議題などない

政治家が駄目なのは
選んだ 有権者責任!
国民が賢くないと
無能な議員が増える

知能発展途上者とは 馬鹿 のこと

目覚めよ国民
選べ賢い政治家!
頑張れ日本!
missile
missile / JBrazito
ジジ通信 | - | -

14本目の米国旗

7月4日は米国の独立記念日
1776年にアメリカ独立宣言が公布された
Fourth of July とだけ言うことが多い。

祝日だった。
町中に ドンドンと打ち上げ花火の音が終夜まで響いた。
Fourth of July
Fourth of July / emma.kate



奇特な不動産屋さん夫婦が毎年近所に配る小旗の米国旗。
我が家にとって14本目の米国旗。当地に移り住んで14年目。
7個の日の丸の胸章と共に有る。

米国の”フォース オブ ジュライ”を迎えたことに感謝!

4th of July Weekend, 2016
4th of July Weekend, 2016 / DVS1mn


それについても気になる挑発
北朝鮮 ICBM 大陸間弾道ミサイル発射!
日本の防衛は?!
近況報告 | - | -

戦争と疎開

体験を積むほど、人は、たくましくなる。

ニワカ百姓、半年で一人前になる
終戦になるまでの2年あまり
私たち父母親子3人は伊豆韮山に疎開した。

一家での自給自足が始まる。
百姓ははじめてだがやるしかない。
素人には薩摩芋つくりがかんたん。
山の上の荒くを開墾して”サツマイモ作り”をした。
広い原野だったので、親子3人で毎日苦労し開墾した。
6キロ程の山道を登り荒地を毎日開墾。
にわか百姓にはサツマイモぐらいしかできないのだ。
Country Roads
Country Roads / contri

だが農業は収穫までには時間がかかる。
収穫までの食いつなぎが大変だ。
物々交換。当時は金銭では何も買えなかった。
現金は無価値! 全て物々交換!

幸い我が家は東京で食品商だったので、
持参した缶詰類が物々交換に役立った。

物々交換で手押し車や農具を揃えた。
縁の下を囲い鶏も飼った。卵を近所に配るほどだった。
牛を飼い牛車も買った。
後に沼津競馬の乗馬も買った。
親子3人、よく働いたと思う。
サツマイモは大仁の東洋醸造に売ったこともある。
半年で一人前の百姓になったようで村人の評判になつた
牛車+water can
牛車+water can / kashin1234

番長らとの喧嘩の後はイジメもなく、皆おだやかになり、
韮山小学校の授業は毎日、作業が勉強だった。
戦争の為の日本軍への勤労奉仕。
授業は朝から山での“松根油堀り”
全生徒で山に入り、松の切り株の根を堀り起こす作業。
松の根の油を絞って戦闘機のガソリン代用にするって?

稲収穫の季節は毎日全校生でイナゴ捕り!
イナゴはから揚げにして兵隊さんの栄養補給!?
これも戦争勝利の為だ!
Hirugakojima.jpg

疎開時代の遊び場だった蛭ヶ小島(静岡県伊豆の国市四日町)-Wikipedia


集団疎開崩落事件
戦況厳しくなり、集団疎開が始まる。
近くの修繕寺温泉にも東京から集団疎開。
重量超過で大広間が大崩落けが人多数!

戦争の体験 は
我が人生の最も貴重な体験だった
私の戦争体験 | - | -

番長に噛みつき勝ち!

昭和19年 空襲を逃れ
伊豆の韮山村字多田に疎開した。

蒲田小、高津小に続く3度目の転校で、
韮山小学校では
「生意気な東京疎開チビ!」と噂された。

教育勅語以来イジメの連続で嫌な日が続いた。
2か月が過ぎてもいやがらせは続いていた。
あの日は学校帰りの田んぼ道で
隣村の集団生徒7-8人につかまり集団イジメをされた。

韮山|Nirayama
韮山|Nirayama / izunavi


激しかった。なぐる。ける。つかむ。
ボコボコにやられた。

私は逃げながらも「挑むしかない」と判断した。
番長を攻撃だ!
番長に片足タックルで飛びつき、太ももに噛みついた!
ガツチリ噛みついたまま抑え込み!

数分が過ぎたろうか。

あたりは静かで誰もいない。
血だらけの番長を見て、皆、逃げたのだ。
あたり一面は血だらけ。私も血だらけ。
もちろん番長も血だらけでオイオイ泣いている。
番長が泣いた。子分は皆逃げた!
集団イジメとの血闘だ!

以来、チビの東京疎開は怖い! と
学校でも噂が広まり、逆に通学時の友人が増えた。
番長は隣村の上級生だった。
付き合うようになった。
弱いと平和は崩れる。強いと平和を維持できる。

私にも平和が来た。
昨日の敵は、今日の友。
私の戦争体験 | comments (1) | trackbacks (0)

我慢で勝つ - イジメに負けない我慢

戦中の疎開時代の話。伊豆韮山小学校4年だった。

「生意気な東京疎開野郎」と莫迦にされ、登下校時に集団暴行でイジメられた。
原因はクラスの自己紹介だ。
先生が「得意はなんだ」というので、教壇に行き、教育勅語を大声で暗唱した。
このことが 学校中に広がり、毎日いじめられた。

村から片道約5キロの通学。その時に“我慢する事”を覚えた。
Country Roads
Country Roads / contri


野中の田んぼ道で集団暴行を受けた事など度々だった。
誰にも言わず我慢した。
いじめは数か月続いた。
我慢した。
そのつど服はやぶれ、カバンは壊された。
我慢した。
教科書も破れた。
無抵抗で我慢した。

我慢すること!

貴重なる体験として生涯忘れられない。
そのうちに皆、諦め、何もしなくなった。
我慢が勝。後に番長が親友になった。

負けて勝!己の勝つ!
ネバーギブアツプ!

人生にもつながる。
私の戦争体験 | comments (0) | trackbacks (0)

勝つまでやる人生

勝つまでやる根性を!
レスリングを高校時代に始めた。
連続13連負!
誰も応援に来なくなった。
その時、
「負けてたまるか
 よし 勝つまでやる」 決心した!

大学に進んでからは、別の強豪大学へ出稽古に年中通った。
神奈川代表として富山国体優勝。
1957年の大学卒業年に学生選抜で渡米。
全米選手権優勝。
母校に錦を飾ることができた

Hosei University, Ichigaya Campus
Hosei University, Ichigaya Campus / Dick Thomas Johnson


当時の法政大学長、大内兵衛より金一封を頂戴し、
翌年の全日本選手団トルコ遠征の糧とした。
1964ローマ五輪代表の2年前だった。

負けて勝!

負けたら終わりではない
敵は己にある

立って半畳 寝て一帖。
歳を取ったら、ほどほどに。
私のレスリング体験記 | comments (0) | trackbacks (0)

負けて勝つ人生

負けて、勝つ
この言葉は 戦後を創つた男、
戦後日本を複興させた吉田茂の
半生を描いたDVDの題名だ。




昭和20年8月15日
私は疎開中の伊豆韮山村で
NHKラジオの天皇陛下の玉音放送を聞いた

“耐えがたきに耐え
 忍び難きを忍び”

1945年
日本は
“米国に負けたのだ”

米国に勝つ、負けない
NHKラジオは
“日本は 勝つ”
 “勝つ”と放送しながら“負けた”

ラジオの大本栄発表では
“日本帝国陸海軍は
  米英に多大の損害を与えたり!
  我が方の損害は軽微なり!”

それを聞きつつ
 親子3人(両親と私)俄か百姓
 時給自足生活の3年間

終戦以来
報道に 疑念を抱くことが多く
偏向報道が続いているが

世の中に惑わされず
“負けて勝つ”
人生を 続けたいと思う
NHKオンデマンド|特集
- | comments (0) | trackbacks (0)

アーリントンの日米国旗と4軍儀仗

米国の報道によると
今回の日本首相来訪には
様々なエピソードがあった。
安部さんの訪米は大成功だった!

特に私が感動したエピソードは
アーリントン墓地訪問だ!

アーリントン墓地で
米国は 安部さんを “4軍儀仗”で迎えた。
四軍儀仗とは、陸・海・空・海兵隊の
米4軍による式典で
最高の栄誉礼の式典だ。

献花時に日米両国の国旗と匡歌が流れた
米国で見る“日の丸”と“君が代”
アーリントン墓地にひらめく日の丸と流れる君が代……

日米の匡旗が たなびき
君が代が奏でるなか
日本の安部首相が献花した。

私が米国を知って60年!
アーリントンに並ぶ君が代と日の丸に大感動!
これぞ、世界平和貢献の堅き“日米同盟”の絆だ!

昨日の個人的集会でも
米国のトランプ大統領が
「日本の安部首相はグレートだ」と褒めていた。
何時かトランプ大統領が
温泉に浸かる日も実現するかな?!



マスコミが報じない!安倍総理に「君が代」と「四軍儀仗」の礼。 - さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」 - Yahoo!ブログ
近況報告 | comments (0) | trackbacks (0)
Information
T Hirata_top.jpg
  • 心と体を鍛え
    地球上どこへ行っても
    胸を張って生きられる
    知的な野生人になろう
Profile
メールはこちらから
Categories
New Entries
Recent Comments
Archives
Other